Soft-Fanat.net Windows 7は、8、10のためのソフトウェア

    StartIsBack ++ 1.0ファイナル

    カテゴリー: ソフトウェア |更新日:27/8/2015、午後12時32分
    Download Now
    StartIsBack ++ 1.0ファイナル

    StartIsBack Windowsの10のarray(スタート)メニューで完全に機能戻り、ボタンを起動し、Windows 7のStartIsBackプラスと同じが大幅にデスクトップの使い勝手を向上させ、新しい画面整然としたになり、より便利高速で安定しました。セッションがこれまでデスクトップで始まります。

    他のソリューションとは異なり、StartIsBack Plusはあっても、ミリ秒スタート画面を点滅させずにデスクトップに直接たびになります。オリジナルのフル機能のWindowsのスタートメニュー7。検索、ドラッグ・アンド・ペーストし、最近使用したアプリケーションの保持、完全にカスタマイズ可能な設定:StartIsBackは、すべての機能を使用してWindows 7の元のスタートメニューを復元します。ボタンを起動し、メニューの外観を起動し、Windows 7のために使用されるように振る舞います。

    StartIsBack特徴:
    メニューボタン、および調整は、Windows 7と全く同じです。
    常にデスクトップから起動するWindowsにログオンします。他のソリューションとは異なり、StartIsBackは、遅延と点滅インターフェイスメトロせずにデスクトップを開きます。
    検索、ドラッグアンドドロップアイコン、固定されており、最近使用したアプリケーション:すべての通常の機能を持つWindows 7のメインメニューを復元します。
    あなたはそれらを分離明らかに、Windowsの10に2つのインターフェイスのジレンマを解決することができます。
    作業プログラムは、デスクトップ上になり、新しい画面は、ストアからWindowsアプリケーションのみを表示します "スタート"です。
    あなたは、「アプリケーション」の画面「スタート」をオンにすることができますし、一度に両方を操作する必要はありません。
    システムに統合し、追加のサービスまたはプログラムを課しません。
    インストールは、追加のツールを必要とせず、管理者権限なしで行うことができます。メインメニューは完全にWindows 7のものと同じ名前で、システムの言語にローカライズされています。
    あなたは、Windows 10の「スタート」メニューとインタフェースの表示と動作をカスタマイズすることができます:スキン、画像ボタン、アクティブスクリーンコーナーとはるかに。

    バージョン1.0での変更点:
    タスクバーとarray(スタート)メニューのarray(現代のアプリのライブバッジ!
    prelaunchingから新しいスタートメニューとコルタナのプロセスを無効にすることによって、リソースの使用量を減少させる能力
    大きいアイコンとタスクバーの大きなスタートメニューボタンを適切なサイズ(32×32)を使用する機能
    array(スタート)メニュー右側のペインの現代のアイコングリフ
    現代ぼかし、スタートメニューのシャドウと没入型のコンテキストメニューをドロップ
    完全に動的なDPI認識してスタートメニューと設定アプリ
    ラウンドユーザー画像と新しいモダンなスタイル
    新しいマイナー追加やひねりの多く

    StartIsBack ++ 1.0ファイナル


    年: 2015
    OS: Windowsの10
    インタフェース: ML /ロシア
    アクティベーション: (活性剤)が含ま
    サイズ: 1.52メガバイト

    StartIsBack ++ 1.0ファイナルをダウンロード


    StartIsBackダウンロード++のWindows 7、8、10の最終1.0
    (費用:無料)
著作権©2015 - soft-fanat.net。サイトには、コンピュータのプログラムの記述を出版します