Soft-Fanat.net Windows 7は、8、10のためのソフトウェア

    WinReducer 8.1 V1.06最終ポータブル

    カテゴリー: ソフトウェア |更新日:2015年9月17日、午前6時33分
    Download Now
    WinReducer 8.1 V1.06最終ポータブル

    WinReducer 8.1 - Windowsの8の独自のディストリビューションを作成するためのプログラム。それは未使用のアプリケーションとコンポーネント(テーマ、言語パック、フォント)、オペレーティングシステムを含めるのみ必要なドライバとアップデートを排除することが可能である1、デフォルトでは、インターフェイスのカスタマイズ、インストーラの外観をカスタマイズします。

    また、アプリケーション開発者などにシャットダウンするための項目の作成などの人気の調整、を利用すると、コンテキストメニューでコンピュータを再起動するか、新しいインターフェイスの一部の要素を非表示にする機能。

    起動するには、オリジナルの配布のWindows 8.1のファイルを用意する必要があります:あなたは、ハードドライブからそれらをコピーしたり、イメージから削除することができます。プログラム自体は、インストールを必要としない、それは名前にスペースなしで任意のフォルダにアーカイブを展開、およびWindowsの正しいバージョン(32または64 bittnoy)の実行可能ファイルを実行するのに十分です。ファイルでWindows 8.1(array(開く)ボタンを)フォルダを指定するように求められます)ウィンドウで、提案した改訂版のいずれかを選択し、開始するためにarray(マウント)をクリックします。一時ファイル(マウントフォルダ)のための場所のフォルダは変更しないでください、そのすべての内容が削除されます!

    バージョン8.1 1.06での変更点
    NEW
    «モダンUIアプリ - OneNoteの»
    «プリセット - 保護MSオンラインアカウント»
    «プリセット - 保護Windows Media Centerの»
    «微調整 - モダンUIは - スタート画面の電源ボタンを非表示にします»
    «の調整 - ターミナル - 常に管理者権限で起動»
    *更新
    V1.06の英語言語ファイル
    «ウィンドウの削除»:(近日)新«削除スピード»プロファイルを
    WinReducer 8.1に(すぐに利用可能)新しい削除エンジンをサポートするように更新されました
    70%によって取り除く速度を向上させます
    «ネットワーク - SkyDriveの»:« - OneDriveネットワークを»名前に変更
    «プリセット - MS Officeの保護»を:のサポートを追加しました«array(コントロールパネル) - フォントフォルダ(ファイル)»と
    «フォント - メイリオ»
    * FIXED
    «アクセサリー - ブリーフケース»:現代のUIのアプリでSkyDriveのブローク
    «ネットワーク - OneDrive»:名前を変更するWindowsのフォルダだったバギー
    «プリセット - 重要なファイルの保護»を:正常に動作しませんでした

    WinReducer 8.1 V1.06最終ポータブル


    オペレーティングシステム :Windowsの8.1
    言語: 英語/ロシア
    アクティベーション :不要
    サイズ :10.41 Mbの

    WinReducer 8.1 V1.04最終ポータブルをダウンロード


    WinReducer 8.1 V1.06最終ポータブルは、Windows 7、8、10向けのダウンロード
    (費用:無料)
著作権©2015 - soft-fanat.net。サイトには、コンピュータのプログラムの記述を出版します